aga治療を行っているクリニックの中には、

独自の治療薬を使用しているところもあります。

agaスキンクリニックでも、オリジナル発毛薬「リバース」を使用しています。

この治療薬は効果の高いものとなっていますが、

高い効果が期待できるからこそ副作用が心配になるという方も多いことでしょう。

ここでは、agaスキンクリニックのリバースの副作用を見てみます。

オリジナル発毛薬「リバース」について

aga治療を専門に行っているagaスキンクリニックでは、

オリジナル発毛薬である「リバース」を取り扱っています。

オリジナル発毛薬リバースは、

agaスキンクリニックの患者さんの多くが利用している薬です。

この治療薬には、内服薬である「リバースタブレット」、

そして外用薬の「リバースリキッド」があります。

またリバースタブレットは、A、B、Cに分かれており、

Aは「ミノキシジル」、Bは「フィナステリド」、そしてCは「ビタミン」です。

このリバースリキッドにはミノキシジルが含まれており、濃度は約6.5%です。

発毛剤として人気がある薬にリアップがありますが、

このリアップの濃度は約5%ですので、リバースはリアップよりも濃いことになります。

agaスキンクリニックのリバースを利用した人たちの発毛実感率は、

実に99.4%に達しています。

それだけ発毛効果高いようですが、実際のところ副作用が気になります。

オリジナル発毛薬「リバース」の副作用について

リバースは発毛に有効な成分がたくさん配合されていますが、

リバースに含まれているフィナステリドやミノキシジルが注目されます。

まずフィナステリドです。

フィナステリドには、性欲減退、勃起不全など、性機能不全が出ることがあります。

フィナステリド自体、ホルモン生成の抑制作用がありますので、服用することで男性機能が低下する可能性が出てきます。

その他にも、肝機能障害、嘔吐などの症状が出ることもあるようです。

またミノキシジルは血管拡張剤として開発されていますので、

服用することで血液量が増え、動悸や息切れの症状が出ることがあります。

このように成分によっては様々な症状が出ることはありますが、

だからといってリバースの副作用が必ず起こるとは限りません。

服用する時は、様々な症状を頭の中に入れておくといいでしょう。

オリジナル発毛薬「リバース」は副作用の心配がある成分が配合されていますが、

必ず副作用が出るわけではありません。

また、副作用の症状を感じた際には、その症状への対策についても

適切な対応がされるため、深刻な事態になってしまう心配はありません。

実際に使用する際にはこの点について理解を持って臨むことも大切です。


AGAスキンクリニックの評判についてはこちら